パーソナルトレーニング 痛み改善 ひきしめ 大阪天王寺

たるみトレるx痛みトレるx美姿勢トレーニング【TOMORROW STYLE】大阪天王寺

40代からは、かかりつけの○○を見つけよう!!【女性ホルモン/更年期57】

 


 

いつもありがとうございます!!

 
大阪 天王寺・阿倍野
たるみトレる×痛みトレる×美姿勢トレーニング
美姿勢づくりの秘密の隠れ家【TOMORROW STYLE】
 
 
トレーナー&柔道整復師&鍼灸師の3つの視点で
 
たるみ&痛みのない美姿勢スタイルを育て
 
美しく健やかな身体を創る
 
スタイル改善パーソナルトレーナーの金田知彦です。

 

◇かかりつけの婦人科の先生はいますか?

 

あなたには、病気になった時、

 

すぐに行ける『かかりつけのお医者さんや病院』はありますか?

 

 

かかりつけとまではいかなくても、

 

風邪をひいたら○○クリニック、

 

腰が痛くなったら○○整形外科など、

 

近所の病院に行くと思われます。

 

 

人によっては、整骨院や鍼灸院、私のようなパーソナルトレーナーを

 

『かかりつけ』にしている人もいるかと思います。

 

 

では、あなたには『かかりつけの婦人科医の先生』はいますか???

 

 

本来、女性は月経が始まった時点で、

 

かかりつけの婦人科医を見つけておいて頂きたいです。

 

 

月経が始まり、月経のトラブル、妊娠、出産、更年期、そして老年期まで、

 

女性の人生を伴走してくれる婦人科のパーソナルドクターがいることが理想です。

 

 

もし、『婦人科は苦手だ!』と、

 

今まで避けてきたのでしたら、考え直しましょう!!

 

 

40代~50代だからこそ、

 

かかりつけの婦人科医を見つける必要があります。

 

 

『えっ!?もう子供も作らないし。』

 

『もう閉経したから必要ないでしょ?』

 

と思っているでしたら、大間違いです!!

 

 

40代~50代にかけて、女性ホルモンが低下して、

 

更年期を迎えた時、身体や心に様々な不調が起こります。

 

 

そんな時、どうしますか???

 

どこに行けば良いか、知ってますか???

 

 

 

 

◇あなたの悩みを分かってくれる先生とは?

 

『なんだか分からない不調や痛みが、いっぱい出てきた・・・。』

 

どこに行けば、この不調を治してくれるのか?分からなくなります。

 

で、とりあえず近くの病院に行ってみる。

 

 

行った病院の先生が、

 

女性ホルモンや更年期に詳しくなければ、

 

原因不明の不定愁訴として、

 

関係のない診断や処方をされてしまうかも知れません。

 

 

女性ホルモンの低下が原因であれば、

 

症状に対する対処療法だけで、

 

改善しないことも多くあるそうです。

 

 

40代~50代にかけては、

 

身体の不調や病気かな?と思った時に行く、

 

かかりつけの病院や先生の中に、

 

必ず婦人科医の先生を入れるようにして下さい!!

 

 

性感染症や女性器の病気、妊娠、出産の時だけが、

 

婦人科の役目であると思わないで下さい。

 

 

女性は一生『女』です。

 

 

40代~50代になっても、

 

女性特有の不調や病気は起きやすくなります。

 

 

さらに、更年期症状が出る事で、

 

身体だけでなく心も不安定になりやすい時期に、

 

自分の辛さや女性ならではの悩みを聞いてくれる存在は誰でしょうか???

 

 

それこそが、女性の身体、女性器、

 

女性ホルモンのスペシャリストである婦人科医の先生です。

 

 

 

 

 

◇40~50代の女性がサポートしてもらうべき専門家とは?

 

そして、婦人科医でない、

 

私たちのようなパーソナルトレーナーや鍼灸師などの

 

身体に携わる仕事をしている人にも同様のことが言えます。

 

 

40代~50代で、

 

『スタイルを良くしたい!』

 

『きれいな姿勢になりたい!』

 

『くびれを作りたい!』

 

『プリッとしたお尻になりたい!』などの理由から、

 

トレーニングを始める、または、パーソナルトレーナーに指導を希望される時、

 

できる限り『40代~50代の女性特有の身体の変化や不調に詳しい専門家』

 

であるトレーナーにお願いすることをおススメします!!

 

 

また、ヒドい腰痛や、肩こり、五十肩を治したくて、

 

鍼灸や整骨院に通う場合も、同様です。

 

 

痛みの原因が、女性ホルモンの低下や、自律神経の失調であれば、

 

その痛みを取ることや、患部の治療だけでなく、

 

ホルモンバランスや自律神経を整えるアプローチも必要になってきます。

 

 

40代~50代の女性特有の不調や更年期、

 

女性ホルモンについて詳しい専門家のサポートがあれば、

 

より安心に、より確実に、改善することができ、

 

さらに快適なライフスタイルを過ごすことができることをお約束します!!

 

 

 

 

 

 

(参考書籍:『40歳からの女性のからだと気持ちの不安をなくす本』より)

 

 

☆からだと心の不調に悩むあなたへ☆

 

女性の40代~50代の年代は、女性ホルモンの低下により、今までになかった不調や辛い症状などの変化が起きやすくなります。

 

『正しい知識を学ぶこと』と、『自分に合った健康で適切な生活習慣の3本柱』で、女性ホルモンバランスを整えることができ、辛い更年期も快適に過ごすことができます。

 

『適切な運動(身体を整える運動・パーソナルトレーニング)』

『バランスの良い食事習慣(食べる・栄養・サプリメント)』

『質の良い休養(リフレッシュ・メンテナンス・睡眠)』

 

の3本柱の実践することをおススメします!!

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。。。

 

いつも頑張っている素敵なアナタを応援しています!!!

 

 

《スタイル改善専門パーソナルトレーナー 金田知彦》

 

 

今日の美姿勢スタイルへのパワーワード

         美姿勢作りには足首の動きを良くすること!!

   これで、あなたは永遠の美姿勢スタイル!!

 

 

『ご質問』や『パーソナルトレーニング』にご興味がございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい!

今すぐ初回体験お申込へ‼

 

⇒【👆先着6名様限定の特別価格はこちら】

 

⇒【👆ホームページはこちら】

 

 

タグ :      

女性ホルモン 更年期・閉経 閉経 40歳からのライフスタイル

女性ホルモンが低下したら○○が上がって病気に!?【女性ホルモン/更年期32】

 


いつもありがとうございます!!

 
大阪 天王寺・阿倍野

たるみトレる×痛みトレる×美姿勢トレーニング
美姿勢づくりの秘密の隠れ家【TOMORROW STYLE】

 

 

トレーナー&柔道整復師&鍼灸師の3つの視点で

 

たるみ&痛みのない美姿勢スタイルを育て

 

美しく健やかな身体を創る

 

スタイル改善パーソナルトレーナーの金田知彦です。

 

◇40代からは健診で女性ホルモンをチェックする!

 

女性ホルモンの低下を、もろに体感することは難しいと思われます。

 

 

婦人科などで詳しい検査をすれば、確実に分かることもありますが、

 

わざわざ婦人科まで行くのが、忙しくてできないこともあるかも知れません。

 

 

そんな時は、健康診断の一般検査項目の数値からも、

 

『女性ホルモンの低下』のサインが出ていることもあり、

 

そこから推測できることもありますので、

 

40代からは、毎年、その数値の変化をチェックすることをおススメします!!

 

 

以下に、女性ホルモンの低下と関係性があると言われている検査項目を上げていきます。

 

 

 

◇ ①コレステロール値が上がってきた!

 

コレステロールには、

 

総コレステロール、悪玉コレステロール(LDL)、善玉コレステロール(HDL)があります。

 

 

特に、悪玉コレステロール(LDL)が多くなると、

 

動脈硬化を起こしやすく、脳卒中、狭心症、心筋梗塞などの

 

病気の要因になると言われています。

 

 

実は、エストロゲンには、

 

悪玉コレステロール(LDL)を減少させ

 

善玉コレステロール(HDL)増やすという素晴らしい働きがあるようです!

 

 

しかし、更年期に入りエストロゲンの分泌が低下していくことで、

 

コレステロール値が高くなると言われています。

 

 

もともと、女性は、悪玉コレステロール(LDL)による、

 

動脈硬化のリスクは低くそこまで心配する必要はないと言われていますが、

 

メタボリックシンドロームや、高血圧や糖尿病などの生活習慣病のリスクがある女性は、

 

基準値を上回る傾向がある場合は、

 

今すぐ生活習慣を見直すことをおススメします!

 

◇ ②血圧が上がってきた!

 

エストロゲンには、『血管をしなやかに保つ働き』はあります。

 

 

女性ホルモンの低下により、この働きが徐々に低下し、

 

血管が硬くなって柔軟性も低下していきます。

 

 

これにより血管が硬くなることで、

 

血圧が上がりやすくなってしまいます。

 

 

更年期を迎えると、今まで低血圧だった女性が、

 

高血圧になってしまう女性もいるのも、

 

この血管が硬くなってしまうことが原因であると言われています。

 

 

また、エストロゲンの低下により、

 

脳や自律神経の乱れが起こり、血圧の乱高下が起こることもあり、

 

これも『女性ホルモンの低下』や『更年期』一つの指標と言われています。

 

◇ ③血糖値が上がってきた!

 

膵臓(すいぞう)という臓器から分泌されるインスリンというホルモンが、

 

血糖値を下げることで、

 

血液中の血糖値を正常に保っていますが、

 

これがエストロゲンにより、

 

インスリンの効果を上げてくれる作用があります。

 

 

しかし、女性ホルモンが低下してしまうことで、

 

インスリンの働きが悪くなり、

 

血糖値が上がりやすくなると言われています。

 

 

特に、家系に糖尿病の人がいる場合は、

 

更年期に入ると血糖値が上がりやすくなりますので注意が必要です。

 

 

このように、健康診断などの一般検査項目からも

 

『女性ホルモンの低下』のサインを読み取れることができます。

 

 

 

40代に入り、このような数値の変化が出てきたら、

 

『適切な運動(トレーニング)』

 

『バランスの良い食事習慣(食べる・栄養・サプリメント)』

 

『質の良い休養(リフレッシュ・メンテナンス・睡眠)』による、

 

『自分に合った健康的で適切な正しい生活習慣の3本柱』を実践することで、

 

女性ホルモンのバランスも整い、より快適な40~50代を過ごすことをおススメします!!

 

 

 

 

(参考書籍:『40歳からの女性のからだと気持ちの不安をなくす本』より)

 

最後までお読み頂きありがとうございます。。。

 

いつも頑張っている素敵なアナタを応援しています!!!

 

 

《スタイル改善専門パーソナルトレーナー 金田知彦》

 

 

今日の美姿勢スタイルへのパワーワード

         いつも 肩甲骨の位置が分かりますか?

   これで、あなたは永遠の美姿勢スタイル!!

 

 

『ご質問』や『パーソナルトレーニング』にご興味がございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい!

今すぐ初回体験お申込へ‼

 

⇒【👆先着6名様限定の特別価格はこちら】

 

⇒【👆ホームページはこちら】

 

 

タグ :      

女性ホルモン 更年期・閉経 閉経 40歳からのライフスタイル

女性ホルモンは40代からの美と身体に一番大切な理由!?【女性ホルモン/更年期26】

 


いつもありがとうございます!!

 
大阪 天王寺・阿倍野
美姿勢づくりの秘密の隠れ家【TOMORROW STYLE】
 
痛みトレる×たるみトレる×美姿勢トレーニング

 

美姿勢スタイル改善パーソナルトレーナーの金田知彦です。

 

◇女性ホルモンは美にも身体にも大切!!

 

40代になると、身体の中で色々な変化が訪れますが、

 

一番体感できるのは『月経の変化』であるとお伝えしてきました。

 

 

これは、女性ホルモンの低下が急激に起こる事が原因であると言われています。

 

ようするに、女性ホルモンの分泌の変化が、

 

月経など身体に大きく影響するのです。

 

 

一般的に、『女性ホルモン』とは、エストロゲンのことを指しますが、

 

このホルモンが月経や子宮の状態をコントロールするだけでなく、

 

お肌や髪の美しさなど、見た目の女性らしさを作ると言われており、

 

女性たちは、この女性ホルモンを増やそうと必死になっているようです。

 

 

40代になると、

 

急激に女性ホルモンの低下が起きるので、

 

更年期や閉経を迎える訳ですがさらに、

 

女性としての美への影響もあると思われます。

 

 

更年期に関係なく、

 

いくつになっても女性らしく美しくいる為にも、

 

この女性ホルモンが低下するタイミングである、

 

今だからこそ、女性ホルモンについて、

 

よく知っていくことが、身体にとっても、美にとっても大切になってきます!!

 

 

 

 

まずは、女性ホルモンの基本的な知識を学んでいきましょう!

 

◇女性ホルモンには2種類あります!!

 

女性ホルモンには、

 

『エストロゲン』『プロゲステロン』という2種類のホルモンが存在します。

 

 

『エストロゲン』の働きは、

 

女性らしい外見を作る為にだけでなく、

 

卵巣から分泌されて、

 

妊娠や出産などの生殖に関して重要な働きをするのはもちろん、

 

心臓や血管を健康にしなやかに保つなど、

 

全身の状態に影響しています。

 

また、もう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンも女性には重要であります。

 

 

『プロゲステロン』の働きは、

 

妊娠を成立させる為にとても重要なホルモンです。

 

 

エストロゲンとプロゲステロンは、

 

周期的に分泌量が変動してバランスを取っています!!

 

 

このバランスとリズムによって、排卵や月経が定期的に起こるのです。

 

 

よく『ホルモンバランスが○○・・・』というような事を聞くことがあると思われますが、

 

これがエストロゲンとプロゲステロンの分泌バランスのことを現わしております。

 

 

◇女性ホルモンのバランスが乱れるとどうなる???

 

女性ホルモンのバランスが乱れると、

 

月経の変化や、イライラ・のぼせ・発汗などの、

 

更年期症状が出ることによる心身の不調だけでなく、

 

抜け毛薄毛肌荒れを起こす原因となると言われています。

 

 

そして、月経不順や無月経、

 

月経困難症や月経前症候群(PMS)になるとも言われています。

 

 

さらに怖いのが、

 

エストロゲンの分泌量が、

 

プロゲステロンの分泌量よりも多くなり過ぎると、

 

乳ガンや子宮体ガンのリスクが上がってしまうと言われています。

 

 

また、プロゲステロンは『エストロゲン過多になることを抑る作用』もありますので、

 

この2つのホルモンのバランスはとても重要になってくると言われています。

 

 

日常生活の中で、エストロゲンだけを減らしたり、

 

プロゲステロンだけを増やしたりなどのコントロールが難しいかと思われます。

 

 

しかし、日常生活の質によって、

 

ホルモンバランスが整ったり、

 

乱れたりするとがありますので

 

今の日常生活を見直すことから始めていくことをおススメします!!

 

 

 

 

(参考書籍:『40歳からの女性のからだと気持ちの不安をなくす本』より)

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。。。

 

いつも頑張っている素敵なアナタを応援しています!!!

 

 

《スタイル改善専門パーソナルトレーナー 金田知彦》

 

 

今日の美姿勢スタイルへのパワーワード

         ピタッとパンツで美姿勢づくりを意識!!

   これで、あなたは永遠の美姿勢スタイル!!

 

 

『ご質問』や『パーソナルトレーニング』にご興味がございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい!

今すぐ初回体験お申込へ‼

 

⇒【👆先着6名様限定の特別価格はこちら】

 

⇒【👆ホームページはこちら】

 

タグ :      

女性ホルモン 更年期・閉経 閉経

更年期の症状かな?と思ったら○○で大慌ての理由。【女性ホルモン・更年期25】

 


いつもありがとうございます!!

 
大阪 天王寺・阿倍野
美姿勢づくりの秘密の隠れ家【TOMORROW STYLE】
 
痛みトレる×たるみトレる×美姿勢トレーニング

 

美姿勢スタイル改善パーソナルトレーナーの金田知彦です。

 

◇更年期かと思ったら○○の病気に!?

 

40代に入り、月経不順になってきたら、

 

色々な症状が出てきますので、

 

更年期がやってきたのかな?と感じると思われます。

 

 

しかし、これの全てが更年期の症状であるとは限りません!!

 

 

月経不順を引き起こす原因の中には、

 

何かしらの病気の可能性もあると言われています。

 

 

治療が必要な病気を見逃す危険性もあるので、

 

40代に入り、月経不順を甘く考えないで、

 

すぐに婦人科へ受診することを忘れないでください。

 

 

『月経不順になる特徴がある病気』を解説していきます。

 

 

◇  甲状腺の病気

 

月経不順を引き起こす原因のひとつに、

 

『甲状腺の病気』があります。

 

 

甲状腺とは、首の前面のノド仏の下辺りにあります。

 

 

そして、ここから『甲状腺ホルモン』というホルモンが分泌されます。

 

 

甲状腺ホルモンの働きには、

 

・新陳代謝の促進

 

・体温の調整

 

・脳の活性化

 

・心臓、胃腸の活性化

 

などがあります。

 

 

実は、この甲状腺の病気を患う女性が、

 

意外と多いと言われています。

 

 

20~40代の女性に多い病気でもあるので、

 

結構、耳にする機会がある病気かと思われます。

 

 

甲状腺ホルモンが過剰に分泌される『バセドウ病』や、

 

甲状腺に慢性的な炎症が起こり、甲状腺ホルモンの分泌が不足する『橋本病』

 

などの病気があります。

 

 

特に、この2つの病気は、

 

月経異常や月経不順を起こすことがあり、

 

さらにメンタルへの影響も大きく出る病気でもあると言われています。

 

 

40代で、月経異常や、月経不順の他には、

 

『疲れやすい。』『発汗』などの症状があると、

 

『更年期?』と勘違いする可能性もあります。

 

 

しかし、バセドウ病や橋本病にも、

 

同じような症状がでてきますので、注意が必要です。

 

 

これらの病気にも、甲状腺自体に問題があるだけでなく、

 

脳に腫瘍ができている可能性もありますので、

 

以上のような症状が出れば、婦人科への受診をすることを忘れずに!!

 

 

通常、婦人科では、

 

女性ホルモンと、甲状腺ホルモンの両方を検査することが多いので、

 

更年期なのか?甲状腺の病気なのか?

 

きちんと診断してくれますので、安心です!!

 

 

 

 

(参考書籍:『40歳からの女性のからだと気持ちの不安をなくす本』より)

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。。。

 

いつも頑張っている素敵なアナタを応援しています!!!

 

 

《スタイル改善専門パーソナルトレーナー 金田知彦》

 

 

今日の美姿勢スタイルへのパワーワード

         美姿勢づくりにはダボダボパンツは要注意!!

   これで、あなたは永遠の美姿勢スタイル!!

 

 

『ご質問』や『パーソナルトレーニング』にご興味がございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい!

今すぐ初回体験お申込へ‼

 

⇒【👆先着6名様限定の特別価格はこちら】

 

⇒【👆ホームページはこちら】

 

タグ :      

女性ホルモン 更年期・閉経 閉経

40代で月経不順・・・更年期じゃなく実は病気だった!?【更年期24】

 


いつもありがとうございます!!

 
大阪 天王寺・阿倍野
美姿勢づくりの秘密の隠れ家【TOMORROW STYLE】
 
痛みトレる×たるみトレる×美姿勢トレーニング

 

美姿勢たるみ引きしめパーソナルトレーナーの金田知彦です。

 

◇更年期だけでなく、月経不順になる病気も知りましょう!!

 

40代に入り、月経不順になってきたら、

 

更年期がやってきたのかな?と思う事があるかも知れません。

 

 

色々な症状が出てきますので、

 

これを何でもかんでも更年期の症状であると、

 

捉えるのは良くありません!

 

 

本当に、更年期の症状であれば、

 

基本的には病気や命に関わる事はないと言われています。

 

 

しかし、月経不順を引き起こす原因の中には、

 

何かしらの病気が隠れている事があるので、

 

注意しなければなりません!!

 

 

中には、すぐに治療が必要な病気を見逃す危険性もあるので、

 

40代に入り、月経不順が起きたり、『何かがおかしい。』と思われたら、

 

すぐに婦人科へ受診することを忘れないでください!!

 

 

 

 

いくつか月経不順になる病気を解説していきますので、

 

必ず頭の片隅に置いておいて下さい。

 

◇  高プロラクチン血症

 

『プロラクチン』というホルモンがあるのですが、

 

このホルモンは、通常は、授乳時に分泌されるもので、

 

母乳を出す為のホルモンです。

 

 

赤ちゃんに母乳を飲ませる時期は、

 

このホルモンがたくさん分泌されますので、

 

この間には普通に月経不順になるので心配はいりません。

 

 

しかし、授乳中でもないのに、プロラクチンが分泌されてしまう病気があり、

 

これが『高プロラクチン血症』と言われる病気です。

 

 

この高プロラクチン血症の場合、

 

脳に腫瘍ができたことで授乳中でなくても、

 

プロラクチンが分泌されてしまうことで起こると言われています。

 

 

このように月経不順と思っていたのが、

 

まれに脳腫瘍が隠れている場合もあるので、

 

軽視せずに婦人科で血液検査を受けましょう!!

 

 

 

 

◇ 向精神薬

 

もし、何らかの理由で、病院で処方された向精神薬を服用されていた場合、

 

副作用として、高プロラクチン血症になりやすい薬もあると言われています。

 

 

それが原因で、月経不順や無月経が起こる場合があるそうです。

 

 

婦人科の医師以外の先生の中には、

 

女性ホルモンの働きをあまり考えないで処方をする先生もいると聞いたことがあります。

 

 

同じ病名であれば、向精神薬の処方が必要と診断すると、

 

男性女性問わず、若い女性、更年期の女性、高齢者の女性でも関係なく、

 

同じ薬を処方されることもあるそうです。

 

 

それが原因で、月経不順になることがあると言われています。

 

 

女性には、そもそも月経前にはメンタルが不調になりやすいですし、

 

また更年期の女性であれば女性ホルモン低下が由来する不調から、

 

メンタルに影響することもよくあります!! 

 

 

特に、40~50代にかけての女性は、

 

一つの診療科目への受診で済ませずに、

 

念のために婦人科への受診も忘れずにして下さい!!

 

 

 

(参考書籍:『40歳からの女性のからだと気持ちの不安をなくす本』より)

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。。。

 

いつも頑張っている素敵なアナタを応援しています!!!

 

 

《スタイル改善専門パーソナルトレーナー 金田知彦》

 

 

今日の美姿勢スタイルへのパワーワード

         美姿勢づくりにリュック通勤は気をつけて!!

   これで、あなたは永遠の美姿勢スタイル!!

 

 

『ご質問』や『パーソナルトレーニング』にご興味がございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい!

今すぐ初回体験お申込へ‼

 

⇒【👆先着6名様限定の特別価格はこちら】

 

⇒【👆ホームページはこちら】

 

タグ :     

更年期・閉経 閉経

40代からはデリケートゾーンの洗い方に注意!?【更年期23】

 


いつもありがとうございます!!

 
大阪 天王寺・阿倍野
美姿勢づくりの秘密の隠れ家【TOMORROW STYLE】
 
痛みトレる×たるみトレる×美姿勢トレーニング

 

美姿勢たるみ引きしめパーソナルトレーナーの金田知彦です。

 

◇あなたのデリケートゾーンの洗い方は正しいですか???

 

更年期に入り、月経が不規則になってくると、

 

不意に月経が始まるリスクも考え、

 

ナプキンが手放せなくなることあるようです。

 

 

常に、ナプキンをつけておかないと不安で、

 

デリケートゾーン(外陰部)が、かぶれてしまう女性も多くいると言われています。

 

 

婦人科の先生から聞く話ですと、

 

婦人科に受診する女性には、ナプキンや、おりものシートによる、

 

デリケートゾーンのかぶれや痒みを訴えてくる人も多いそうです。

 

 

特に、お仕事をされている女性に多いのが、

 

月経時にはナプキンをつけっぱなし

 

そうでない時も、常におりものシートをつけたまま、

 

長時間過ごす女性が多くいるようです。

 

 

こまめに替えていればデリケートゾーンも清潔に保てますが、

 

長時間つけることでムレやすくなり、

 

これにより雑菌が増えやすい環境になってしまいます。

 

 

それが原因となり、細菌性膣炎になる女性も増えてきていると言われています。

 

婦人科の先生が詳しく問診した時に、

 

ほとんどの女性は『洗い方が間違っている。』ことが原因だそうです。

 

 

 

◇洗浄便座の使い過ぎが逆効果!!

 

大便の時だけや、1日1~2回程度なら問題ないのですが、

 

大半は『トイレの度に洗浄する。』

 

『高温のお湯にして洗い過ぎる。』

 

『勢いよく洗い過ぎる。』などの女性が多いようです。

 

 

デリケートゾーンの痒みが気になり、

 

逆に、洗浄し過ぎる傾向があるようです。

 

 

しかし、外陰部は、粘膜が薄く、非常にデリケートな部分であり、

 

洗浄などの刺激が強すぎると、逆に乾燥や肌荒れを起こし、

 

痒みを悪化させてしまう原因となります。

 

 

◇入浴時に石鹸やボディソープで洗い過ぎに注意!!

 

入浴時に、身体を洗うのと同じように、

 

デリケートゾーンを石鹸やボディソープで洗っているようですが、

 

これも逆効果だと言われています。

 

 

膣の周りは、雑菌から膣を守る為に『酸性に保たれています。』

 

しかし、これを身体の垢や汚れを落とす為の洗浄剤がアルカリ性となり、

 

膣周りの酸性が中和され維持されなくなり、

 

雑菌が増えてしまうことで、

 

細菌性膣炎カンジダ膣炎を発症してしまうリスクが上がってしまうと言われています。

 

 

 

◇40代からのデリケートゾーンにやさしいケアを知る!

 

更年期に入ると、女性ホルモンの低下にすることで、

 

月経の変化が起きるだけでなく、

 

女性のデリケートゾーン(膣や外陰部)が乾燥しがちになるようです。

 

 

これには、女性ホルモンの『エストロゲン』には、

 

女性器の粘膜を潤わせて守る働きがあるので、

 

女性ホルモン分泌量が減ることで、

 

女性器の粘膜が乾燥したり、デリケートゾーンの傷つきやすくなります。

 

 

そのため、今までよりも、長時間のナプキンや、おりものシートのつけっぱなしによる、

 

デリケートゾーンへのダメージが上がりやすくなってしまいます。

 

 

また、40代を過ぎると、尿漏れの心配も出てくる可能性があがり、

 

さらにナプキンや、尿漏れパッド、おりものシートが手放せなくなる事もあるそうです。

 

【デリケートゾーンのやさしいケア】

 

使わないと不安だと思いますが、

 

『少なくとも1時間に1回は交換を。』

 

『ナプキン、おりものシートよりも、布ナプキンを使う。』

 

『外陰部は、石鹸ではなく、ぬるま湯で洗う。』

 

『使う洗浄剤は、pH値の低い製品を使う。』

 

『気になる場合は、デリケートゾーン専用の製品を使う。』などの、

 

デリケートゾーンへの健康も視野に入れて、

 

やさしいケアをしてあげる事で、

 

40代に入ってからの身体の変化に対応ができるようになります。

 

 

更年期に対する不安を少しでも取り除くには、

 

更年期症状に対する対処だけでなく、

 

女性のデリケートゾーンへの正しくやさしいケアをする事も大切になってくるのです!!

 

 

 

(参考書籍:『40歳からの女性のからだと気持ちの不安をなくす本』より)

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。。。

 

いつも頑張っている素敵なアナタを応援しています!!!

 

 

《スタイル改善専門パーソナルトレーナー 金田知彦》

 

 

今日の美姿勢スタイルへのパワーワード

         歩く時の横揺れが少なくなる姿勢作りを!!

   これで、あなたは永遠の美姿勢スタイル!!

 

 

『ご質問』や『パーソナルトレーニング』にご興味がございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい!

今すぐ初回体験お申込へ‼

 

⇒【👆先着6名様限定の特別価格はこちら】

 

⇒【👆ホームページはこちら】

 

タグ :     

更年期・閉経 閉経

40代からの不正出血の区別と危険!!【更年期22】

 


いつもありがとうございます!!

 
大阪 天王寺・阿倍野
美姿勢づくりの秘密の隠れ家【TOMORROW STYLE】
 
痛みトレる×たるみトレる×美姿勢トレーニング

 

美姿勢たるみ引きしめパーソナルトレーナーの金田知彦です。

 

◇これって月経?不正出血?

 

閉経前に、月経の変化が訪れ、

 

不意打ちの月経の出血に驚くことがあるかも知れません。

 

 

しかし、ここで注意しておかなければならないのが、

 

同じ出血でも月経血とは違う出血、

 

つまり『不正出血』に注意が必要です。

 

なかには、月経なのか?不正出血なのか?

 

区別がつかず、不安になる女性もいるかも知れませんので、

 

ここで解説していきます。

 

 

◇不正出血とは???

 

不正出血とは、

 

『ホルモン異常や、様々な病気により、月経時以外に、女性器から出血する。』ことです。

 

 

もともと、不正出血自体は、誰にでも起こることで、

 

一時的な体調不良により少量の不正出血が起こる事も、

 

普通にあると言われています。

 

 

不正出血には、『機能性出血』と『器質性出血』の2種類に区別されます。

 

 

【機能性出血】

 

月経と月経の間(排卵期)に出血が起きる『中間期出血』というものや、

 

ホルモンバランスの乱れから起きる不正出血もあり、

 

これらの出血に関しては、そこまで心配はないと言われています。

 

 

【器質性出血】

 

こちらは、少し注意が必要となる場合がある不正出血です。

 

子宮の入口付近にできた、

 

『子宮頸管ポリープ』や『子宮膣部びらん』からの出血するケースもあり、

 

どちも、少量で一時的であれば、

 

そこまで気にして神経質にならなくでも問題はないと言われています。

 

 

しかし、貧血になるほどの出血や、長引く出血であれば、

 

すぐに婦人科での受診をするべきです!!

 

 

◇不正出血には、子宮にガンのある可能性も・・・。

 

少し怖い話になるかも知れませんが、

 

『更年期に入って、月経なのか不正出血なのか分からない出血が続いていたけど、仕事で忙しいからそのまま放置していたら、友人に怒られて、婦人科で診てもらったら・・・子宮にガンが見つかった!』というケースもあるそうです。

 

 

子宮のガンの特徴に、不正出血があります。

 

 

『子宮体ガン』では、初期症状として不正出血が起きると言われ、

 

『子宮頸がん』では、かなり進行してから不正出血が起こると言われています。

 

 

どちらにしろ、不正出血には子宮のガンの可能性がある為、注意が必要です。

 

 

このように、40代に入り、月経に変化が現れると、

 

その出血が更年期特有の月経不順なのか、

 

心配のない一時的な不正出血なのか、

 

なにかしらの病気が原因の不正出血なのか、

 

見ただけでは判断はできません!!

 

 

その為、少しでも『あれ?おかしいな?』と感じることがあれば、

 

すぐに婦人科での受診をおススメします!!

 

 

また、女性は、更年期に関係なく、

 

1年に1回は、女性特有のガン検診を受けることも忘れずに!!

 

 

間違っても、いきなり民間療法を受けに行くことは、

 

絶対に無いようにして下さい!!

 

(ちなみに、私もこれ関しては全く対応できません。)

 

 

大袈裟かもしれませんが、何もなければ安心ですし、

 

万が一のこともあるので、必ず受診しましょう!

 

 

このようなリスクマネジメントをすることで、

 

更年期や閉経に対処するだけでなく、

 

いくつになっても安心で快適な人生を送ることができるようになります!!

 

 

 

(参考書籍:『40歳からの女性のからだと気持ちの不安をなくす本』より)

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。。。

 

いつも頑張っている素敵なアナタを応援しています!!!

 

 

《スタイル改善専門パーソナルトレーナー 金田知彦》

 

 

今日の美姿勢スタイルへのパワーワード

         身体の芯と軸の両方を意識できますか?

   これで、あなたは永遠の美姿勢スタイル!!

 

 

『ご質問』や『パーソナルトレーニング』にご興味がございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい!

今すぐ初回体験お申込へ‼

 

⇒【👆先着6名様限定の特別価格はこちら】

 

⇒【👆ホームページはこちら】

 

タグ :     

更年期・閉経 閉経

閉経しても恋をしたら月経が復活した!?【更年期21】

 


いつもありがとうございます!!

 
大阪 天王寺・阿倍野
美姿勢づくりの秘密の隠れ家【TOMORROW STYLE】
 
痛みトレる×たるみトレる×美姿勢トレーニング
 
スタイル改善専門パーソナルトレーナーの金田知彦です。

 

 

◇月経の変化の最後の閉経を知る。

40代に入った女性は、急激に身体の変化が訪れてしまいます。

 

 

その中でも、月経の変化が分かりやすいと言われており、

 

女性ホルモンの低下でもあります。

 

 

安心した更年期を迎える為に、

 

月経の変化の最後である、

 

『閉経』について学んでいきましょう!

 

 

◇閉経したけど、恋をしたら月経が復活した!?

 

閉経とは、医学的な定義として、

 

『月経が1年間無い状態(無月経)が続くこと。』とされています。

 

 

しかし、まれに、1年1ヶ月後に月経がくる場合もあるようです。

 

 

これは、月経の復活した!?まだ閉経してない!?となりますよね。

 

 

医学的には、このように定義されていますが、

 

人間の身体なので、きっちりとは線引きされるものではありません。

 

 

たまに、50代くらいの女性で、

 

『芸能人の○○にハマって、恋したから女性ホルモンが増えて、月経が復活した!!』

 

という話を聞くことがあります。

 

 

しかし、これを、月経が復活したと捉えない方が良いかと思われます。

 

 

個人差もあり、断定はできませんが、

 

この女性は『まだ閉経していなかった。』

 

または、『閉経間際の未確定な状態。』だったのではないかと思われます。

 

 

たまたま芸能人の○○にハマって恋したタイミングで、

 

たまたま月経がきた!ということが考えられます。

 

 

年齢的にも、月経が1年間きてなかった状態での月経なので、

 

閉経間際であるのは間違いないので、

 

このまま、また元のように定期的に月経がくるということは、

 

稀だと思われます。

 

 

もし、閉経してから3~4年たってからの出血であれば、

 

年齢的にも、月経が復活したとは、ほぼ考えられません。

 

 

もし、閉経してから数年後に出血が起これば

 

それは月経の出血ではなく、不正出血の可能性が考えられます。

 

 

すぐに、婦人科への受診をおススメします!!

 

 

◇閉経しても女を忘れてはならない!

 

初経が始まり、ほぼ40年近くつき合ってきた月経が終わるということは、

 

女性として、それぞれ感覚や考え方に差が出てくると思われます。

 

 

『これで、やっと楽になれる!』

『もうナプキンの必要がなくなる!』

『避妊しなくて済む!』

 

と、ポジティブに捉えられる女性がいれば、

 

 

『これで女でなくなった。』

『なんだか寂しい。』

『もう子供が産めなくなる。』

『これから老人になっていくのか。』

 

など、ネガティブに捉える女性もいらっしゃると思われます。

 

 

しかし、閉経しようが、更年期を迎えようが、

 

いくつになっても女であることは変わりません!!

 

 

閉経を迎えた後の人生を、どのように過ごしたいのか?

 

 

女性としての人生のターニングポイントを見つめ直す意味で、

 

『自分に合った健康的で適切な生活習慣』を身につけていくことをおススメします!!

 

 

 

(参考書籍:『40歳からの女性のからだと気持ちの不安をなくす本』より)

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。。。

 

いつも頑張っている素敵なアナタを応援しています!!!

 

 

《スタイル改善専門パーソナルトレーナー 金田知彦》

 

 

今日の美姿勢スタイルへのパワーワード

         お尻を鍛えて身体の軸を作ろう!!

   これで、あなたは永遠の美姿勢スタイル!!

 

 

『ご質問』や『パーソナルトレーニング』にご興味がございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい!

今すぐ初回体験お申込へ‼

 

⇒【👆先着6名様限定の特別価格はこちら】

 

⇒【👆ホームページはこちら】

 

タグ :     

更年期・閉経 閉経

40代からの月経の変化ってどんな変化???【更年期20】

 


いつもありがとうございます!!

 
大阪 天王寺・阿倍野
美姿勢づくりの秘密の隠れ家【TOMORROW STYLE】
 
痛みトレる×たるみトレる×美姿勢トレーニング
 
スタイル改善専門パーソナルトレーナーの金田知彦です。

 

 

◇40代からの月経の変化はどんな変化???

 

40代を境に、女性は急激な身体の変化が訪れてしまいます。

 

 

更年期を迎える前から、身体には色々な変化が始まり、

 

身体と心に多種多様の不調が起こりやすくなります。

 

 

その変化の中でも、一番分かりやすいのが『月経の変化』です。

 

 

この『月経の変化』こそが、女性ホルモン低下のサインであり、

 

それを知ることで、女性ホルモンの低下が原因で起こる不調に、

 

上手く対処することができるようになります。

 

 

まずは、あなたの月経の変化について、どのような変化が起こるのか?

 

正しい知識を学んでいきましょう!!

 

 

◇月経血量が減ったり、出血期間が短くなってませんか???

 

40代に突入すると、

 

『月経の時の出血量が徐々に減っていく』と言われています。

 

 

40代の女性の中には、すでに実感している人もいるかも知れませんね。

 

『そういえば、経血量が減ってきて、楽になってきたかも・・・』

 

『ナプキンを以前ほど使わなくて済むようになってきた・・・』

 

など・・・。

 

 

そして、出血量だけでなく、

 

『出血する期間も短くなってくる。』ようになってきます。

 

 

若い頃は、1週間以上の出血が続いていたのに、

 

40代になると、4~5日間で終わってしまったり。

 

 

また、30代までは、

 

1日目、2日目の出血量が異常に多くて、3日目からは少なくなるパターンだった女性が、

 

1日目だけ大量出血で、2日目からほとんど出血しなくなるなど、

 

『出血のパターン』も変わってしまいます。

 

 

 

◇だらだら『スタート』、だらだら『フィニッシュ』

 

40代に入ってからの月経の変化は、若い頃に比べると、

 

出血の勢いが無くなると言われています。

 

 

若い時は、出血により、すぐに月経が始まったと分かると思われます。

 

 

ところが、更年期に入ると、だらだらとした始まり方をすると言われています。

 

『あれ?きたかな?』と何となく出血の気配があり、

 

1~2日は、明らかな出血はないが、

 

3日後に、一気に出血が起きるような、

 

だらだらとしたスタートになります。

 

 

また、終わりも、だらだらと引っぱっていくようです。

 

そして、『もう、終わったかな?』と思ったら、

 

突然、再出血が起きてしまう。

 

 

まれに、『1~2ヶ月、出血が止まらない。』という女性もいると言われています。

 

 

このように個人差はありますが、

 

40代に入ってからの月経の変化で圧倒的に多いのが、

 

『だらだらスタートの、だらだらフィニッシュ』のパターンと言われています。

 

 

以上のような、出血量、出血期間、出血パターンが変化したり、

 

だらだらスタートだらだらフィニッシュが起き出せば、

 

女性ホルモンの低下のサインとなります。

 

 

安心した更年期を迎える準備として、

 

このタイミングから、正しい対処法を実践していくことをおススメします!!

 

 

 

 

(参考書籍:『40歳からの女性のからだと気持ちの不安をなくす本』より)

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。。。

 

いつも頑張っている素敵なアナタを応援しています!!!

 

 

《スタイル改善専門パーソナルトレーナー 金田知彦》

 

 

今日の美姿勢スタイルへのパワーワード

         お尻のエクボで骨盤を支える!!

   これで、あなたは永遠の美姿勢スタイル!!

 

 

『ご質問』や『パーソナルトレーニング』にご興味がございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい!

今すぐ初回体験お申込へ‼

 

⇒【👆先着6名様限定の特別価格はこちら】

 

⇒【👆ホームページはこちら】

 

タグ :     

更年期・閉経 閉経

更年期に備えて40代は○○の変化に注目!?【更年期19】

 


いつもありがとうございます!!

 
大阪 天王寺・阿倍野
美姿勢づくりの秘密の隠れ家【TOMORROW STYLE】
 
痛みトレる×たるみトレる×美姿勢トレーニング
 
スタイル改善専門パーソナルトレーナーの金田知彦です。

 

◇更年期に備えて40代は、まず○○を知ること!!

 

更年期がくることで起こる、身体の不調や、

 

心の不安などは、少しでも軽減させたいですよね。

 

 

その為、まず更年期・閉経に関する

 

『正しい知識を学び、正しい対処の方法を実践する』ことが大切です!!

 

 

それにより、身体と心を不調や不安から解放し、

 

快適にすごす一番の助けになります。

 

 

特に、40代に入ってからは、身体に様々な変化が訪れます。

 

 

更年期が来てから、閉経してからでは遅いくらいで、

 

40代に入って、色々と変化が起き始める頃から、

 

学び始める事をおススメします!!

 

 

◇あなたの月経はどんな状態???

 

更年期を良く知る為には、まず月経の変化を知ることが大切です。

 

 

なぜなら、40代に入って、一番分かりやすい身体の変化は、

 

『月経の変化』であると言われています。

 

 

身体に不調が無くても、なんとなく

 

『月経の時の出血量減ってきた。』

 

『月経周期が乱れてきた。』など、

 

若い頃とは違ってきたと実感しやすいと思われます。

 

 

そして、この変化が、女性ホルモンの低下のサインであり、

 

閉経へと向かう、更年期の入口に立ったことを意味します。

 

 

 

 

◇月経周期が不規則になってきたのですが・・・。

 

月経周期が規則的だった女性でも、

 

35歳を境に女性ホルモンの低下が、徐々に始まり、

 

それにより月経周期が早まってきます。

 

 

きっちり28日周期だったのが、

 

25日周期へと、微妙な前倒しが起こると言われていますが、

 

気づかない女性もいると思われます。

 

 

『あれ?今回はちょっと早いかな?』

 

くらいの気づきかも知れません。

 

 

そして、40代に入り、さらに女性ホルモンが大幅に低下すると、

 

月経周期が早まる、

 

月経血量が減るだけでなく、

 

周期がとんだり、間が空いてしまうようになります。

 

 

先月から来てないな・・・と思っていたら、急に始まったりと、

 

不意打ちで予測もつかず、不規則になっていくと言われています。

 

 

40代後半になると、さらに周期が乱れていきます。

 

 

半年くらい月経が来ないと思ったら、突然始まり

 

始まったかと思うと、すぐに終わってしまう・・・

 

で、また一週間後に月経がきてしまう・・・。というような、

 

月経周期があると言える状態ではなくなってきます。

 

 

このように『ずっと規則正しく月経周期が来ていたものが、突然、止まって閉経する。』

 

という訳ではなく、ほとんどの女性が、

 

徐々に不規則になり、戸惑いながら、閉経へと向かいます。

 

 

その過程で、更年期の症状が出てくるのです。

 

 

40代に入ってからは、必ず『月経の変化』に注目していきましょう!!

 

 

身体に何かしらの変化に気づいた時に、

 

慌てず、不安にならず、正しい対処ができるようなる為に、

 

このような正しい知識を学んで身につけていきましょう!!

 

 

 

 

(参考書籍:『40歳からの女性のからだと気持ちの不安をなくす本』より)

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。。。

 

いつも頑張っている素敵なアナタを応援しています!!!

 

 

《スタイル改善専門パーソナルトレーナー 金田知彦》

 

 

今日の美姿勢スタイルへのパワーワード

         お尻の上部を引き上げると姿勢が良くなる!!

   これで、あなたは永遠の美姿勢スタイル!!

 

 

『ご質問』や『パーソナルトレーニング』にご興味がございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい!

今すぐ初回体験お申込へ‼

 

⇒【👆先着6名様限定の特別価格はこちら】

 

⇒【👆ホームページはこちら】

 

タグ :     

更年期・閉経 閉経