パーソナルトレーニング 痛み改善 ひきしめ 大阪天王寺

たるみトレるx痛みトレるx美姿勢トレーニング【TOMORROW STYLE】大阪天王寺

40代、あなたに冷え症改善法に効果がない理由とは!?【東洋医学/冷え症/女性ホルモン67】

 


いつもありがとうございます!!

 

 

トレーナー&柔道整復師&鍼灸師の3つの視点で、

 

キレイな姿勢と正しい動きに整え、

たるみ・痛み・不調のない美姿勢スタイルを育てる。

 

 

東洋医学(鍼灸・薬膳)で

 

女性ホルモン&自律神経&免疫力を整える。

 

 

トレーニング&メンテナンスで、

 

年齢を重ねるほどに、

美しく健やかな身体と心を創る。

 

 

働く女性のカラダとココロを守るパーソナルトレーナー金田知彦です。

 

 

◇オススメされた冷え改善法が全く効果がなかった!?

 

年がら年中、手先や足先が冷えている。

 

夏の暑い時でもソックスは欠かせない・・・。

 

 

といった辛い自覚症状があっても、

 

西洋医学では、

 

冷え症を病気としては扱うことはないと言われています。

 

 

『冷え』の中でも、

 

甲状腺の異常や貧血、低血圧など、

 

はっきりとした原因や病名がつく場合は、

 

西洋医学でも治療の対象となりますが、

 

辛い症状だけでは対応できません。

 

 

一方、東洋医学においては、

 

『冷え』は立派な治療の対象となり、

 

『冷え症』として、

 

鍼灸、漢方、薬膳などの色々な治療や改善方法があります。

 

 

あなたは『冷え』が辛くて、

 

何かしらの治療や改善法を試したことがありますか???

 

 

例えば、

 

友人から勧められた『冷え症改善法』を試してみた。

 

テレビで見た『冷え予防トレーニング』をやってみた。

 

雑誌に載っていた『冷え改善のサプリメント』を買って飲んでみた。

 

などなど。

 

 

しかし、試してみたけど、

 

『全く変わらなかった。』

 

『逆に、冷えがヒドくなった。』

 

などのような経験はありませんでしたか???

 

 

効果があると聞いたから、

 

試してみたけど効果がない・・・。

 

 

なぜ???

 

ウソの情報???

 

騙された???

 

 

東洋医学では、

 

これを『その方法は、あなたの体質(タイプ)には合っていなかった。』

 

と捉えます。

 

 

◇今すぐ、あなたの冷えタイプを知ろう!?

 

東洋医学では、

 

『冷え症』は、

 

単に、冷たい感覚を伴う自覚症状だけでなく、

 

『体内の気・血・水の巡りが悪くなっているのか???』

 

『五臓(内蔵)の働きのバランスが崩れているのか???』

 

という視点で、

 

冷えが起こっている原因を診ていきます。

 

 

そこから『冷え』の原因として、

 

代表的な【3つの冷えのタイプ(体質)】

 

に分けて診ていきます。

 

 

『血の巡りが悪い』ことによる【血行不良の冷えタイプ】

 

『胃腸が弱っている』ことによる【胃腸虚弱の冷えタイプ】

 

『カラダ全身の機能が低下する』ことによる【新陳代謝低下の冷えタイプ】

 

 

の3つの冷えのタイプに分けて診ていきます。

 

 

なかなか、ご自身では判断がつかないと思われますので、

 

以下の【3つの冷えのタイプ(体質)チェックリスト】

 

を確認してみて下さい。

 

 

【血行不良の冷えタイプ】

 

□ 手足や足先が冷える。

□ 冷えとのぼせが両方ある。

□ 肌が荒れやすい。

□ しもやけができやすい。

□ 肩が凝りやすい。

□ 目の下にクマができやすい。

□ 便秘がちである。

□ 一年中寝るときにソックスを履いている。

□ 生理痛がひどい。

□ 生理時にニキビができやすい。

 

 

【胃腸虚弱の冷えタイプ】

 

□ お腹の周りが冷える。

□ 腹巻きをすると調子がよい。

□ 肌が黄色い感じ。

□ 肌に張りがない。

□ 胃がもたれやすい。

□ お腹が張ったり、痛くなりやすい。

□ すぐに下痢をする。

□ 食後に眠くなりやすい。

□ 甘いものをとることが多い。

□ 温かい飲食物が好き、冷たいものが苦手。

 

 

【新陳代謝低下の冷えタイプ】

 

□ 背中や全身が冷える。

□ 寒気がする。

□ 肌が青白い。

□ 肌にツヤがない。

□ いつも身体がダルい。

□ 風邪をひきやすい。

□ 便秘も下痢もある。

□ よく寝汗をかく。

□ 冬に電気毛布を愛用する。

□ 平熱が低い。(36℃以下)

 

 

いずれかのタイプで5点以上なら、

 

あなたは『冷え症(隠れ冷え)』

 

の可能性が大きくなります。

 

 

さらに、各チェックリストで一番点数が多いタイプが、

 

あなたの『冷えのタイプ』です。

 

 

中には、いくつかのタイプが混合している冷えタイプの方もいます。

 

 

そして、『冷え』を自覚していて困っている方は、

 

ご自身がどの『冷えのタイプ』であるか?を知ることで、

 

あなたに合った『冷え症改善法』

 

を見つけていくことができるのです!!!

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。。。

 

いつも頑張っている素敵なアナタを応援しています!!!

 

今日の美姿勢スタイルへのパワーワード

        背中のラインをまっすぐに意識する!!

   これで、あなたは永遠の美姿勢スタイル!!

 

 

《働く女性のカラダとココロを守るパーソナルトレーナー 金田知彦》

 

大阪 堺市 岸和田
たるみトレる×痛みトレる×美姿勢トレーニング

 

 

パーソナルトレーニング、姿勢改善、痛み改善、東洋医学など、

『ご質問』がございましたら、お気軽にこちらからお問合せ下さい!

 

 

☆からだと心の不調に悩むあなたへ☆

 

女性の40代~50代の年代は、女性ホルモンの低下&自律神経の乱れにより、今までになかった不調や辛い症状などの変化が起きやすくなります。

『正しい知識を学ぶこと』と、『自分に合った健康で適切な生活習慣の3本柱』で、女性ホルモンバランスと自律神経を整えることができ、辛い更年期も快適に過ごすことができます。

そこで一番効果的な方法が、東洋医学式セルフケアである『養生』です!!

『適切で効果的な運動(身体を整える運動・パーソナルトレーニング)』
『バランスの良い食事習慣(食べる・栄養・サプリメント)』
『質の良い休養(リフレッシュ・メンテナンス・睡眠)』

の3本柱を積極的に実践することで『美しく健康な身体と心を創る。』ことをおススメします!!

 

 

今すぐ初回体験お申込へ‼

 

⇒【👆先着6名様限定の特別価格はこちら】

 

⇒【👆ホームページはこちら】

 

 

 

 

タグ :                       

冷え症 女性ホルモン 東洋医学 薬膳(東洋医学) 鍼灸(東洋医学) 養生・セルフケア(東洋医学) 40歳からのライフスタイル

この記事に関連する記事一覧